プロジェクト リターン : ザ・ネクスト・ステップの紹介

Project Return : The Next Step

  

 

プロジェクトリターン:ザ・ネクスト・ステップ(以下、PR:TNS)は、精神疾患をもつ人のためにユーザーが運営するプログラムで、ロサンゼルス精神保健協会(Mental Health Association of Greater Los Angeles)のサービスの1つである。PR:TNSは、20年以上に渡り、ロサンゼルス郡の各地で、社会生活支援、地域の差別をなくす活動、就労、研修、権利擁護活動を行ってきた。60人のユーザーの顧問からなる委員会があり、職員の90%が精神疾患の診断を受けた人たちである。

 PR:TANSの使命は、メンバーの指導力を引き出し育てながら、社会的な機会を提供し、自尊心を高め、地域とのつながりを進めることである。「みんなと共に、自分たちの人生の責任は自分たちで取ろう」(Taking charge together)が、モットーである。なお、PR:TANSの全てのプログラムが無料で、参加は自由であり、現在、2000人を超えるメンバーがいる。

 

価値基準

・ ピアサポートは、リカバリー(回復)の過程において重要な部分を占める

・ ユーザーの声や視点は、精神保健福祉サービスに欠かせないものである

・ ユーザーが運営する質の高いプログラムは、精神医療・保健・福祉サービスのシステムに絶対に必要である

・ 就労は、リカバリー(回復)には非常に重要であり、ユーザーは、障害のない人たちと同等の給料を得て当然である など

 

 

活動目標

・ 精神疾患をもつ人が、地域でより良い生活ができるように援助すること

・ 一人ひとりがもつ人生の目的、例えば自立生活、就労、就学などを支援すること

・ 費用効果が高く、質の高いプログラムを実践することによって、ユーザーによる運営の機会を増やすこと など

 

 

プログラムの概要

セルフ・ヘルプ・クラブ

ピアサポートのために郡のあらゆる地域で毎週開催している。特定の病気の人たちのグループ、若い人たちのグループ、夫婦のグループなどもある。

ウォームライン

電話相談を通してピアサポートや各種サービスの情報提供を行っている。通話料は無料で、毎夜、年365日行われており、ピアサポーターが有給で働いている。

 

地域活動

各ピアサポートクラブの活動に加えて、演劇、コンサート、スポーツイベント、キャンプなど、大きなイベントをメンバーのために行っている。

ディスカバリーセンター

自己の再発見や新しい技術習得などのチャンスを提供するセンターを二箇所運営している。教育的な講座、リカバリーミーティングなどを行っている。

就労

 PR:TANSで働く人には、昇進制度があり、また、一人ひとりの希望に合うように、パートタイム・フルタイムなど様々な形態が用意されている。

権利擁護

個人レベル、また組織レベルの権利擁護活動を通して、メンバーをエンパワメントしている。メンバーを対象とした権利擁護のためのトレーニングも開催している。

日米ユーザー交換プログラム

1996年以降、29人のメンバーが日本を訪れ、また、20人の日本のユーザーが、PR:TANSを訪れた。

 

注:原文ではconsumer(コンシューマー:医療・保健・福祉サービスの消費者)であるが、まだ馴染みが薄いことから、日本で比較的、使われている「ユーザー」(同サービスの利用者)という言葉を、ここでは使っている

hip://wow.nth.orgy/pied/adult/model/.pdf